~ナカヤク投資街道~

26歳・年収350万円の工場作業者が、資産を築き上げる過程を綴ります。

~ナカヤク投資街道~ イメージ画像

経済考察

総務省の家計調査によると、2019年7~9月における1世帯当たり消費支出は2・9%の増加となりました。一方で、実収入では2・5%の減少という衝撃的な結果となりました。支出ばかり上がり収入が減少するという結果となり、国民の生活はどんどん苦しくなるばかりである
『【地獄】国民の生活、どんどん苦しくなるばかり』の画像

6日に行われた財政制度等審議会において、自治体の下水道について税金による費用補助を抑制することが提言されました。そのため使用料の値上げや事業運営の広域化によるコスト削減が必要になります。コスト削減には限界があるため使用料の値上げは確実であり、また一つ私た
『【下水道】税金投入抑制で使用料の値上げが起きる』の画像

ビッグローブの「お金に関する意識調査」によれば、7割以上の人が世の中を「生きやすくない」と感じているようです。また、人生100年時代を「うれしくない」と回答した割合も7割を超えています。これらの調査結果から、多くの人々は世の中に生きづらさを感じているうえに長生
『【絶望】7割以上の人々、世の中「生きやすくない」と感じている』の画像

リストランテとは、ドレスコードを要求されるような高級飲食店を指します。このリストランテにおいて、パスタ2品だけオーダーした客に対して店員が激怒したことが話題となっています。店員は客に対して、「『二人ともあまりお腹が空いていないんですけど…』 このセリフどう
『【理不尽】リストランテで2品だけオーダーに店員が激怒』の画像

少子高齢化社会の進行に伴う社会保障給付費の増加に対応するため、国民負担と公費のバランスについて見直しが急務となっています。財務省は歳出改革として、医療費の自己負担増や診療報酬の引き下げを提言しています。これらの改革は私たち国民生活に大きな影響を与えるため
『【社会保障】医療費の自己負担増加は必然』の画像

消費税が8%から10%へ引き上げられてから、早1ヵ月が経過しようとしています。西村経済財政担当相は本日の会見で、「全体としては大きな落ち込みはない」と発言しました。しかし、本当にそうでしょうか。還元施策の賜物確かに、前回5%から8%へ引き上げられた時と比
『【本当に?】日本経済、消費税増税による大きな落ち込みなし』の画像

消費税が8%から10%へ増税されてから早1ヵ月が経過しようとしていますが、将来的にはさらなる引き上げが待ち構えています。高齢化に伴う社会保障給付費が増大していくため、現行の税収では到底まかなうことが不可能なためです。給与が上がらないのにもかかわらず無慈悲
『【増税】消費税、さらなる引き上げは不可避か』の画像

↑このページのトップヘ