~ナカヤク投資街道~

26歳・年収350万円の工場作業者が、資産を築き上げる過程を綴ります。

~ナカヤク投資街道~ イメージ画像

経済考察

先日、映画のマネーショート 華麗なる大逆転 を見ました。本作で描かれているのは、リーマンショック時に多くの人々が損失を出した中、下落を予期して大きな利益を得た人々のことです。原作は世紀の空売りで、以前読んでいたのですが、映像として見てみると印象が変わります
『マネーショート 華麗なる大逆転を見ました』の画像

急激な円高を見せていたドル円は結局、108円を割った後ジリジリと反転し、108円10銭で引けました。NYダウは当然ですが下落、日経先物も大幅下落となっています。今後の相場動向は米国とイランの展開次第といったところでしょうか。米中貿易摩擦が一段落したと思った
『円高は一服、今後の米国とイランの動向に注目』の画像

今は世界的な株高や金・プラチナなど貴金属も高騰していて、過熱感が見受けられます。どう考えてもバブルでしかないのですが、○○だからバブルじゃないといった反論もあります。例えば株価はPER18倍程度で適正水準なのだから、バブルではないといった具合です。しかし米国
『投資バブルの天井は近いか』の画像

昨年、企業や団体が自民党に献金した金額は、約24億円にも昇りました。これは前年比2・7%の増加で、6年連続の増加となりました。大口献金した企業・団体を見てみると、日本自動車工業会は8040万円、トヨタ自動車は6440万円、日立製作所は5000万円となって
『6年連続で自民党への献金が増加したことに思うこと』の画像

政府は小額投資非課税制度(NISA)を、新制度にし継続する方針を固めたようです。一般NISAは従来型に加え、新たに積み立て型が新設されます。つみたてNISAでは当面はいつ投資を始めても20年間の投資期間を確保できるようにし、ジュニアNISAは廃止されるとのことです。これ
『NISA口座、新制度で24年以降も継続へ』の画像

神戸市立須磨海浜水族園(通称スマスイ)は再整備計画によって、新施設が民営化されますが、その入場料が「高すぎる」 として市民団体が見直しを求めているようです。その市民団体の名は、「須磨水族館園を考える会」 で、すでに7千人近い署名を集めています。しかし実態は
『【クレーマー】水族館に行かないと死んでしまう人、7千人もいる模様』の画像

「家計や金融行動に関する世論調査」によると、老後の生活資金源を 「就業による収入」 と回答した人の割合は48%となり、過去最高を更新しました。要因としては人生100年時代や老後資金2000万円問題、公的年金に対する不安感があるでしょう。これからの時代は定年という概
『【老後の生活資金源】「就業による収入」回答が48%』の画像

↑このページのトップヘ