20日にFundsにて、リースバック事業「あんばい」ファンド#6へ投資しました。


ちょうど給料日ということもあり、剰余金の中から5万円と、分配金の1477円を出資しました。

これでFundsの運用資金は70万円を超えて、今年の目標である運用資金100万円にまた一歩近づきました。



Fundsのポートフォリオは、インテリックスが57%を占めていて、あまり分散投資ができていません。

まあ財務体質は万全の企業なので、貸し倒れが発生するリスクは少ないと思いますが、不動産事業の性質上、火災や地震など天災という予期しないリスクをはらんでいるので、そこは念頭に置かなければなりません。


来月は「あんばい」ファンド#1が元本償却される予定なので、ポートフォリオ比率は若干ですが減りそうです。また元本を再投資できるので、来月の入金は必要なさそうです。



それにしても今回の案件は、

・同企業からの6回目の募集であること
・利回りが2%と低いこと
・募集金額も9千万円とそこそこあること

などの理由から、いつものようにすぐ枠は埋まることはないと踏んでいましたが、まさかのすぐに上限に達するという事態だったので、とても驚きました。


さすがに前回のムゲンファンドのように秒殺まではいきませんでしたが、1分足らずで埋まっていたように感じます。

私が申し込み開始後すぐさま申し込み、その後ファンドページに戻るとすでに40%あり、その後あれよあれよと満額に達しましたから。

余裕かまさずに、いつも通り開始前に待機していてよかったです(笑)。


それにしてもこの感じだと、Fundsは数秒~数分で埋まることが当たり前になりそうですね。

この状態が続くと、募集開始前は常にピリピリしてしまうので、これからどんどん募集案件が増えて、投資資金が分散されていくことで、余裕を持った申し込みができるようになることを期待したいです。