絶賛暴落中のアイスタイル社の株式を100株購入しました。

平均取得単価は369円で、今日の終値が370円なので利益が出ていますが、マネックス証券で保有しているので、売却の際に110円手数料がかかるため実質マイナス10円です。



アイスタイルは、@cosmeという日本最大級の美容系総合サイトで有名ですよね。

同社の株価は、7日に発表された決算が特損計上や先行投資の影響で、大赤字になったことを皮切りに暴落しています。


1週間前は468円だった株価は現在370円と、20%以上も下落しています。

さらに昨年高値が994円だったので、、63%もの下落です。ちなみにこの高値が11月なので、わずか3ヵ月でこの下落率となります。


昨日暴落していて、朝も下げていたので買おうか悩んでいましたが止めて、11時くらいに再度みたらさらに深堀していました。

さすがにいくらなんでも下げ過ぎだろうと思い、短期的なリバウンド狙いで購入しました。

しかしその後も下げ続けて一時357円まで行ったので損切も考えましたが、引けにかけてリバウンドして買い値に戻ってくれました。



ちなみに大赤字の原因である特損は、不採算店の撤退や大型店舗の初期費用、イベントの運営費なのですべて一時的なものです。

むしろ不採算店を撤退したことで経営効率は上がりますし、大型店は原宿に構えていて1月の集客数も18万人だったようなので、今後の売り上げ寄与に期待ができます。イベントも認知度向上につながるので、むしろ広告費用みたいなものですね。


そしてアイスタイルは現在、ブランドオフィシャル(BO)というサブスクリプション型のサービスに力を入れています。

これは月額50万円で、企業に対して@cosmeのユーザー動向の分析や情報発信を提供するというものです。

現在は207社が利用しているので、これだけでも安定的な収入になります。今後は500社を目標にしているようなので、それが達成できれば収益基盤が強固になりそうです。


懸念点は@cosmeの利用者数が減少傾向にあること、今回の赤字が純資産を大きく毀損していること、社長や機関投資家が一斉に株式を売りさばいていることでしょうか。

特に大株主に株式が売られまくっているのが気になりますね。今回の暴落も彼らが大きく売っていることが大きな要因でしょうし。

今後のアイスタイルの成長性はないだろうと判断しているのでしょうか。


とはいえ短期的にはアイスタイル社の株式は売られ過ぎなことには変わりないので、リバウンドはあると踏んでいます。

目論見が外れてさらに下掘りするようであれば、短期で入っているので潔く損切りして撤退することにします。