ここ数日、ビットコインが急上昇していて、現在は1BTC=110万円台となっています。


1万円の投資額が13300円ぐらいになっていて、割合でいうと33%の上昇率です。まあ全部のビットコインが購入したものではなく、ぴたコインで入手したものやキャンペーンで付与されたものもあるのですが。

それにしても3割近い上昇は驚異的ですね。投資額が小額なので、資産総額全体ではあまり恩恵はありませんが、株式が下落したときのリスクヘッジとしては、今のところ十二分に機能しているかなといった感じです。



ちなみに私の平均取得単価は1BTC=85万円台です。以前1BTC=73万円まで下落したときに、買い増ししようか迷って結局できなかったんですよね。もし買い増しできていれば、もっと利益があったのですが・・。

ちゃんと買い増し用の資金も入金していたのに、もっと下がったらどうしようと考えてしまって、行動に移せませんでした。

もし株式であれば、利益や資産、成長率、配当金といった観点から割安かどうかを判断しやすく、積極的に買い増しできますが、ビットコインをはじめとした暗号資産にはそれらの指標がないので、買い増し水準なのかどうか判断しづらいです。


ボラティリティも大きいので、下落のスピードもすごいですからね。連日のように数%もの下げがあると、資産がみるみる減っていくので恐怖感がすごいです。

まあこれまでの流れから行けば、暴落したときはとりあえず買い増ししておけとなるのでしょうか。とはいえ暴落が連鎖する可能性も考慮しながら、時間分散で買い増ししていくべきでしょうね。


ビットコイン相場はここのところ100万円を超えると一気に叩き落される展開が続いていましたが、今回はどうなるのか注目です。もし上昇し続けるようなら、資産が増加していくので見守るだけですし、再び落ちるようなら買い増ししていきたいです。