昨日のNYダウが新型肺炎の懸念もあり、600ドルもの下げ幅となりました。

指数は大幅反落でしたが、保有株全体ではそこまで大きく下げていなかったので意外でした。

コカ・コーラこそ多少下げていますが、ファイザーとウォルト・ディズニーはプラス引けとなっていました。まあ、ファイザーとウォルト・ディズニーは直近下げていたので、下値が限定的というのもあったとは思いますが。


しかし昨日上げていたのはなんだったのか・・。WHO宣言を楽観的に捉えて、これ以上の拡大は限定的というのが市場心理なのかと思っていましたが・・。

中国での感染者が1万人を超えて歯止めがかからないことや、世界各国でも感染が増加していることから懸念が再燃したということでしょうかね。

565cfd47fd308f1652e2a4030c965fa3_s


そして昨日の日本市場はプラス引けで多くの銘柄が反発していましたが、週明けの月曜日は大幅下落しそうです。

すでに日経先物は500円近い下げを記録していますし、直近下げ続きの新興株にとってもさらに深堀していく展開となりそうです。


こんな地合いの中、月曜日はセブン&アイHDをスポット買い付けしていこうと考えています。先日の下落ではビクともしていなかった同社株ですが、さすがに月曜日は全体相場につられて下落は避けられないと思うので、しっかり拾っていきたいです。

セブン&アイは今月末が権利確定日なので、短期的にはそれを見越して買い付けていきます。もちろんその後も売ることなく長期で保有し、安くなれば買い増ししていきたいです。


米国株では、ビザが大幅反落していて、一気に200ドルを割り198ドルとなっています。以前170ドル台の時から目を付けていて、安くなったら買おうと思っていたらスルスル上がっていってしまったんですよね。

今の水準でも当時よりは高いですが、成長著しい同社株価は今後も堅調に推移していくでしょうから、地合いで大きく下げている今はチャンスなので、買いたいところです。

またエクソン・モービルも決算が悪く原油安も相まって大幅下落していました。すでにここ数年での安値圏で配当利回りが高水準なので、非常に魅力的です。


優良株が安くなっていてついつい購入意欲が増しますが、今後の新型肺炎の動向や全体相場の推移も踏まえながら、資金管理を徹底した投資をしていきたいです。