今年の目標の一つにしていた、SBIネオモバイル証券の口座開設を行いました。

今日口座開設のハガキが発送されたようなので、数日中には投資を始められそうです。


ポートフォリオにおいて投資の選択肢を広げることができたので、ますますやる気がでてきました。

85ef8708b57ca7195b7b44d9e2a3d1a7_s


ネオモバの一番いい点は、1株から投資可能というところですね。

基本的に市場売買では100株単位でしか投資できず、1株3000円の銘柄であれば30万円の資金を用意しなければならないので、一般的なサラリーマンにとっては難しいです。

また、もし仮に貯金して買ったとしても、ポートフォリオ全体で抜き出てしまいバランスを取ることができなくなります。


投資の基本は分散投資なので、100株単位での売買はポートフォリオのリスク管理を徹底しづらくなる原因となっています。

それに時間分散で毎月一定額を買い付けることも困難ですし、30万円単位で投資するとなると、急激な相場変動に精神が耐えられなくなることもあり得ます。



その点、1株から投資可能であれば、最低投資金額は少なくなるので毎月一定額を買い付けることで時間分散を図ることができます。

また、2株(6000円)や3株(9000円)など、投資可能残高に応じて毎月の購入額を変更することもできます。


他にも、任天堂(1株43440円)やユニクロの親会社であるファーストリテイリング(1株61990円)なんかは、100株だと400~600万円なので、とてもじゃありませんが一般庶民が購入できる代物ではありません。

ですが1株から購入可能であれば十分手が届く範囲にあり、憧れの企業の株主になることができるのです。



加えて、Tポイントを株式の買い付けに利用してお得に購入できることも魅力的です。

Tポイントはクレジットカードの利用やキャンペーン、Tモールやヤフーリサーチなどで貯めることができます。

こうして貯まったポイントを利用すれば、株式を割引で買えますし、場合によっては全額ポイントで支払えばタダ株を手に入れたようなものになります。

お得に株を買えば損失の恐怖も和らぎ、余裕を持った投資ができるようになるので、もはや無敵状態といっても過言ではなくなります。



ですが、ネオモバを利用するにあたって気を付ける点もあります。

まず、サービス利用料として1ヶ月に料金がかかります。

50万円以下では220円で、300万円まで1100円、500万円まで3300円、1100万円までで5500円となっています。


まあ、このサービスを利用するのは余ったポイントを利用しながら数株ずつ小額投資していくことが大半だと思うので、大体50万円以下の220円で収まるでしょう。

毎月期間固定ポイントとして200ポイントが付与されることを考慮すれば、実質月額20円となります。

ネオモバでは売買手数料はかからないので、このサービス利用料20円が実質的な売買手数料となります。


20円で取引できるなら年間240円なので、しっかり毎月積み立てるなら誤差の範囲内ですね。

手数料20円と考えると、最低でも毎月5000円は買い付けていきたいところです。

5000円の買い付けなら、手数料率は0・4%なので3~4%の高配当株を積み立てていけば余裕で回収できます。

一方で1000円だけだと2%の手数料なので、配当金の大半が失われてしまいかねません。

なので、最低でも5000円を目途に投資を行っていきたいです。



ちなみに私は毎月1万円を積み立て投資していきたいと考えています。

Tポイントはクレジットカードを使っていないのでそこでは貯まりませんが、Tモールとヤフーリサーチで貯めたポイントを使って割引額で購入していきます。

ヤフーリサーチは毎月200ポイントくらいにはなるので、手数料は余裕で回収できそうです。


購入銘柄はまだ未定ですが、単元では買いづらい価格の高配当株を買っていきたいです。

三菱商事なんかはいいですね。1株3千円で4%台の利回りで日本を代表する一流企業ですから。


今後の資産形成に向けて、SBIネオモバイル証券を有効利用して資産の増加につなげていきたいところです。