急激な円高を見せていたドル円は結局、108円を割った後ジリジリと反転し、108円10銭で引けました。

NYダウは当然ですが下落、日経先物も大幅下落となっています。


今後の相場動向は米国とイランの展開次第といったところでしょうか。

米中貿易摩擦が一段落したと思ったら、また新たな火種が生まれてきてしまいましたね。


Mchart-mchart_gif

昨日のNY市場は思ったほど下げませんでした。

500ドルくらいは下げると感じていたのですが・・1%程度の下げで収まったのには驚きました。


市場的には米国とイランが本気で開戦するとは思っていないということでしょうか。

それとも、戦争になったとしても米国市場には大きな弊害はないと判断しているのか。


私的には、もし開戦ということになれば少なくとも短期的には大幅な下落があると考えています。

当然リスク回避で円も大きく買われ、日本株は米国株安と円高によってダブルパンチを受けてしまいます。

もしそうなれば株式を買い増すチャンスでしょうし、円高であればドルを安く仕入れることができるのでポジティブに考えていきたいです。



月曜日の大発会で予定している新年占いデイトレードは、このような相場状況もあり取引が難しくなりそうです。

始値はほとんどの銘柄が落ちることが想定されるので、リバウンドがある人気銘柄を選択できるかどうかが鍵になりそうです。