今日は仕事終わりにフィリピン人の同僚と、食事に行きました。

その会話の中で彼は、「こういうラーメン店、フィリピンでやったら上手くいくかな?」 と言いました。

そこから話が弾み、「フィリピンは暑いから難しいかな」 「冷やし中華ならイケそうかも」 といった具合に話しました。


この例に限らず、フィリピン人と日々接している身として感じることは、起業意識が総じて高いということです。

将来的に自分のビジネスを構築したいと考えている人が多く、日々考えていてそのための具体的な計画も持っています。

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s


対して私たち日本人は、起業意識を持っている方は少数派であるように感じます。

なぜ発展途上国であるフィリピンの起業意識が高く、先進国であるはずの日本では起業意識が低いのでしょうか。


この疑問に対して彼は、「フィリピンでは働いても生活していくのが精いっぱいで、お金を貯めるなんてとてもできない。だからお金をもっと稼ぐためには、自分でビジネスを考える必要がある」 と言っていました。

聞くところによるとフィリピンでは仕事が少ないうえに、1日働いても1000円ほどの収入にしかならないそうです。

なるほど、それに比べれば日本では1000円は1時間働けば手に入る金額であるため、はるかに裕福なことがわかります。


つまり日本では仕事さえしていれば、最低限生活していけるだけの安定的な収入が手に入るため、わざわざリスクをとって起業する必要性がないのです。

しかしフィリピンでは仕事をしていても生活は貧しいままで、将来のことを考えるにあたってはリスクをとってでも起業して、より豊かな生活を目指していく必要があるのです。



このようにフィリピン人たちと一緒にいて常々感じることは、いかに自分が恵まれた環境にいるのかということです。

日本という豊かな国に生まれ、仕事がたくさんあり日々安定的な生活を当たり前のように過ごすことができていることを、改めて実感することができます。


彼らを見ていると自分自身も現状に甘んじず、もっと努力しなければと身が引き締まります。

彼らを見習って私自身も起業について、また経済や生活・将来について日頃から考える癖をつけていきたいものです。