「貯蓄から投資へ」が叫ばれて久しいですが、世間一般では株式投資はまだまだ普及していません。


ひとたび株式投資の話をしようものなら、「株はギャンブルだし、損したくないからやらない」と返されるのがオチです。


こうした勘違いが株式投資を人々から遠ざけ、自分たちには関係なく別世界のものとして扱われているのです。

1326548
株式=金の生る木

しかし実際は株式を保有していれば配当金や値上がり益を得ることができ、何もしなくてもお金が入ってくるため 「株式=金の生る木」 であるのです。


企業が成長し利益を出し続ける限り配当金は増加し、株価も上昇していくため資本主義社会の恩恵を享受することができるのです。

配当金で株式を買い増すことで、さらに配当金が増えていきます。これを続けていくと複利効果により資産は加速度的に増加していくこととなるのです。

また株式はインフレにも強く、物価が上がっても企業は商品価格を上げることで収益を増加させることができるため株価も値上がりしていきます。


一方で現金預金では雀の涙程度の金利しか受け取れませんし、物価が上がれば価値は目減りするため実質的には損失を出していることになります。



こうしてみると、株式投資=ギャンブルは勘違いであり人々の勝手な思い込みであることが分かります。

むしろ今の日本は預金金利も低くインフレ社会なため現金の価値は目減りする一方なので、現預金=確実に損をするギャンブルなのです。

それではなぜ、株式投資=ギャンブルという勘違いが蔓延しているのでしょうか。


098a127467b84a20603fc207da0e3a45_s
勘違いしたままではお金持ちにはなれない

人は物事の一部分を見て、まるでそれが全体であるかのような認識をしてしまいます。

信用取引や生活費をつぎ込んだ無理な投資をして失敗し、生活が破綻したり借金を背負ったというニュースを見れば株式投資を危険なものとして認識します。


確かにこうした無理な投資をすれば危険ですが、余裕資金を用いて無理のない範囲で投資をすればいいだけの話なのです。

要するに使い方の問題で、例えば包丁は適切に使えば便利な道具ですが、使い方によっては人を傷つけるための危険な道具にだってなりえます。

株式投資も同様に適切に利用すれば資産増加に役立ちますが、一攫千金を狙って生活費をつぎ込んだり借金してまで投資をすれば、それはもはやギャンブルであり危険であると言えます。


つまり株式を投資として扱うか、投機(ギャンブル)として扱うかは使いかた次第なのです。

投資は長期で見れば配当金や値上がり益を享受できるため、ほぼ確実に資産を増やすことができます。

一方で投機(ギャンブル)は、短期的には大きな利益を得ることができる可能性はありますが、無理な取引を続けていればいずれ破綻することは目に見えているため、確実に資産は減少していきます。


投資と投機を区別して株式投資に関する勘違いを正し、しっかりと理解して適切な投資行動を行っていくことは、低金利・物価上昇が起きている日本で生活していくにあたって避けられないこととなっていくでしょう