世の中には様々な固定観念が存在しています。


例えば、「ゲームは子供がやるもの」 「投資はギャンブル」 「汗水垂らして働くことが美徳」 など挙げればキリがありません。

しかしこういった固定観念は視野や行動を制限してしまい、人生の幸福度を下げる要因になります。

e8a1ba282cebccbe28b44a1540f0a1ca_s
髪は理髪店で切ってもらうもの?

「髪は理髪店で切ってもらうもの」もその一つで、多くの人は床屋や美容院で散髪してもらっているでしょう

私は就職してから、かれこれ3年半ほどセルフカットをしています。

最初は自分で髪を切ることに難しさも感じていましたが、今では難なくこなすことができています。
むしろ、床屋や美容院などへわざわざ行くことは考えられなくなりました。

セルフカットをすることによって、私が感じているメリットは次の通りです。

1.散髪費用がかからない

理髪店に行けば、当然ですが散髪料金がかかります。

千円カットなどの安いところもあれば、2千円や3千円など中程度の料金から4千円以上かかる店舗もあります。

セルフカットをすればこれらの費用がかかることはありません。

初期投資として1万円程度のしっかりしたハサミを買う必要はありますが、一回買ってしまえばあとは雑に扱うことなく定期的にメンテナンスすれば、長期間使用することができるため元手はすぐ回収できます。

散髪代は固定費であり長期で見れば大きな金額になるため、それがかからなければ生活の自由度が上がります。



2.いつでも自由に散髪できる


散髪店では店舗に行く手間や待ち時間、そして実際にカットしてもらうといったように時間的拘束が大きいです。

店舗によっては予約制の場合もあり待ち時間は短縮されますが、それでも店舗に行く手間や予約した時間は空けておかなければならなくなります。

セルフカットでは、これらの時間的制約もなくなります。
いつでも好きな時間に髪を切ることができることは、非常に便利で効用が大きいです。

少しだけ髪が長かったりバランスが悪いときなど、わざわざ理髪店で切ってもらうことは手間ですしお金ももったいないですが、セルフカットができればいつでも調整可能になります。


3.自分の髪質にあったカットができる


最後は、自分の髪質にあったカットができるということです。

長年通っている行きつけの理髪店で指名でもしない限りは、毎回違う人にカットされるでしょう。
引越しや長期出張でもあれば店舗自体も変わってしまうため、なかなか理想通りの髪型を維持することは難しいです。

自分で髪を切れば、自分の好きな髪型・似合う髪型にできますし、引越しや出張先でも維持することができます。
自分の髪質や似合う髪型を一番理解しているのは他ならぬ自分自身であるため、自分でカットできればもはや敵なしなのです。


dabae9d2aeeedebf97935429e9dc8dc4_s
チャレンジは重要

人生において何事もチャレンジしてみることは重要だと思います。


私はセルフカットにチャレンジしてよかったと、今では心から思えています。

散髪代という固定費が無くなったこともありますが、自分でいつでもどこでも髪を切ることができること。それによって得られた自信は何よりの収穫です。


実際、昨年長期出張に行った際でも新しい店を探す手間もなかったですし、セルフカットできるということは心の余裕となり、仕事に集中することができていました。


このように、セルフカットは金銭的な自由・時間的自由をもたらし幸福度を上げてくれるため、積極的にチャレンジしていくべきであるのです