~ナカヤク投資街道~

26歳・年収350万円の工場作業者が、資産を築き上げる過程を綴ります。

~ナカヤク投資街道~ イメージ画像

更新情報

アルバイトをしている58%の人は、外国人と一緒に働いた経験ありと回答しました。職種別割合では、販売・サービス・営業・製造などが多くを占めています。確かに思い返してみると、以前よりもコンビニやレストランで外国人店員を見かけることが多くなりましたし、製造を行
『【衝撃】アルバイトの58%、外国人と一緒に働いた経験あり』の画像

人はどんなときでも、誰しもが取り組むべき課題・改善すべき事柄が必ずあります。そういった今、目の前にある課題に対して取り組んでいくということは、私たちの人生において非常に重要なことであるのです。ですが、そういった目の前の課題に取り組めてる人がどのくらいいる
『【重要】今、目の前にある課題に取り組むということ』の画像

日本は世界第3位のGDP(国内総生産)を誇る経済大国であり、生活環境も世界トップクラスの国であります。しかしながら、これほど豊かで恵まれているにもかかわらず、多くの一般人は裕福な生活を送ることなく一生を終えてしまいます。一体なぜ、そのような事態が起きてしまう
『【人生のロールモデル】多くの一般人が裕福になれない理由』の画像

10月から消費税が上がりましたが、最低賃金も引き上げられています。東京や神奈川では1000円を超え、全国平均でも901円となりました。これに悲鳴を上げているのがコンビニ各社のオーナー達です。コンビニは最低賃金付近で従業員を雇用していることがほとんどなため
『【最低賃金上昇】人件費増加でコンビニが悲鳴!』の画像

普段は仕事をしながら、投資活動を行ういわゆる兼業投資家の方々は、新興企業や赤字企業など値動きの大きい銘柄を購入するべきではありません。新興企業は、将来の期待感から割高に買われている場合が多くあります。上手くいけば大きなリターンを得ることができますが、成長
『【投資銘柄選定】兼業投資家が、値動きの大きい銘柄を買うべきでない理由』の画像

関西電力幹部に金品が渡っていた問題は、政治の世界にも波及しました。稲田元防衛相は、福井県高浜町の助役であった森山氏が筆頭株主をつとめていた警備会社から献金を受け取り、高木元復興相は警備費を支払っていましたことが明らかになりました加えて、世耕元経産相もプラ
『【金は権力者と金持ちの回りもの】関電金品問題、政治家も絡みまさに地獄絵図』の画像

資本主義社会とは、資本家階級が社会を支配し、労働者階級から富を搾取する社会構造を指します。労働者は労働過程においてはその自由意志を奪われ、労働の成果は自分のものではなく資本家のものとなります。元々、人々はそれぞれ私的労働において自由に商品(例えば米、穀物
『【社会構造】資本主義社会の仕組みとは?』の画像

内閣府は本日、景気動向指数の速報値を発表し、99・3と100を下回ったことを受け基調判断を 「悪化」 へ引き下げました。指数算出に用いられる7つの指標のうち、生産や卸売りといった指標が悪化し指数が悪化したようです。景気先行指数も91・7と100を大きく下回
『【必然】内閣府、景気判断を「悪化」へ』の画像

日本政府はキャッシュレス決済を推進し脱現金化を推し進めていますが、首相官邸や国会、自民党本部の食堂などでキャッシュレス決済を利用できないという矛盾が生じています。官邸の職員向け食堂では採算が合わないとして導入をする予定はなく、国会議事堂や自民道の食堂でも
『【なぜ?】キャッシュレス、官邸や国会で未だ導入されず』の画像

消費税の増税にあわせて施行された軽減税率ですが、さっそく問題点が露呈しているようです。コンビニで食品を購入しイートインコーナーを利用する場合は、外食と同じく10%の税率が適用されます。ところが店内で飲食するかどうかはあくまで自己申告となっているため、持ち
『【欠陥制度】イートイン脱税が横行!正直者は馬鹿を見る状態に』の画像

株式投資にあたってはどの株式を買うのか考えることも大切ですが、それ以上にいつ買うのかといった時間軸が重要です。企業が継続的に利益を上げ続ければ株価上昇・株主還元があるとして売買のタイミングは重要でないと述べる方もいます。また兼業の場合、仕事に集中している
『【継続は力なり】投資を長く続けるためには』の画像

ふるさと納税の新制度において、泉佐野市は除外されるという決定が維持されるようです。もともと国地方係争処理委員会からは、制度開始前の寄付の集め方だけを理由にした除外は法律の範囲を超える恐れがあると指摘されていました。これに対して総務省側は 「過去の行為を判断
『【仕方なし】泉佐野市、ふるさと納税除外維持へ』の画像

日本政府は増加する企業の内部留保に対して、税制優遇などの投資を促す制度作りを進めることを検討することにしました。10月3日に開かれた「未来投資会議」において安倍首相は 「研究開発など長期的視点に立った投資が、日本の命運を左右する」 と述べており、内部留保
『【家計への配分は?】日本政府、企業の内部留保に税制優遇、成長分野への投資を促す』の画像

本日の日経平均株価は前日比436円安と大幅に下落しました。アメリカ株の大幅下落に加え、雇用指標の悪化や貿易摩擦が懸念され売り一色となりました。今回の下落により短期的な調整局面に入るとの見方もあり警戒が必要となるでしょう。下落相場でこそ投資家の力量が試され
『【暴落】日経平均株価、前日比436円安』の画像

東京ディズニーランドとディズニーシーの入園者数が過去最高を更新したようです。2019年度上半期の入園者数はディズニーランド・ディズニーシー合計で1573万人となりました。年換算で3000万人を超えるペースとなり、驚異的な数字といえます。新アトラクションの
『【ドル箱】東京ディズニーランド、ディズニーシーの入園者数が過去最高を更新!』の画像

銀行が口座維持・管理手数料を導入するのは時間の問題かもしれません。金融庁内には容認論も浮上しており、将来的な導入は十分あり得ます。背景には現在マイナス金利を導入している日本銀行がさらに金利を引き下げるのではとの観測があります。ただでさえ現状のマイナス金利
『【警戒】銀行の口座維持手数料導入は時間の問題か』の画像

いよいよ明日、消費税8%から10%への引き上げが行われます。2014年に5%から8%に引き上げられて以降、その後の増税は2度の延期がなされました。今回も増税が延期されるのでは?といった見方もありましたが、さすがに3度目の正直ということで政府も増税に踏み切
『【矛盾】日本政府、消費増税に向けて景気底上げ策実施』の画像

国税庁によると2018年の民間平均給与は約440万円でした。前年よりも8万円弱の増加で6年連続の増加。一方正規職員の給与は503万円であったのに対して非正規は179万円であったのだ。実にその差は320万円!貧富の格差拡大が叫ばれて久しいが、その原因が垣間
『【正規と非正規の格差】2018年の民間平均給与は440万円』の画像

【貯蓄から投資へ】日本では金融機関に眠る多額の現預金を株式や投資信託といった投資資金へ移そうと躍起になっています。2019年6月末時点で個人が保有する現預金はほぼ1000兆円近くある。これは過去最高の数値であり、こんなに資産を現預金で抱えている国は世界を
『【貯蓄から投資へ】日本に根付くためには』の画像

昨今の日本では貧富格差の拡大、子供の貧困、老後2000万円問題など何かとお金に関する話題が絶えません。原因は給料が低く昇給も見込めないことが大きく影響している。そのうえ高額な税金を支払えば手取りはさらに減りもはや生きていくことで精一杯といったケースも珍し
『【注意】貧乏人の共通点=無知であるということ』の画像

↑このページのトップヘ